K.Sチャラク著・本田信明訳・太玄社刊『インド占星術の基本体系1巻』を読んだら難しい単語が沢山出てきたのでそれの意味を調べて書いてきます。他のインド神話関係の言葉も書くつもりです。作ったばかりなのと私の勉強用なので情報量が非常に貧弱です。Fate Grand Orderのネタバレも少し含むのでそれが嫌なら避けて下さい。非公式です。不定期ですが更新していきます。

ホーラ

時間。 ムフルタ 技法の1つ。

ホラリー占星術

インド占星術のサブ分野の1つで西洋占星術の1つだけど珍しく誕生日は関係ない。その中にはホロスコープや ジャータカ や出生図を使うものと ムフルタ やエレクション占星術がある。後者2つは日々の生活の特別な行動を達成する為の吉凶の惑星配置の選択と関わる。

ホロスコープ

個人個人が生まれた時の天体の配置図。12のハウス(室)がある。

第1室
日出の時に東の太陽の所にある星座。
ラグナ 。誕生の上昇宮。
第2室
第1室に続いて上昇する星座。
第3室
第4室
天底にある時の太陽の後ろにある星座。
第5室
第6室
第7室
日没の時、太陽の後ろにある星座。
第10室
南中した時の太陽の後ろにある星座。
第11室
第12室
*空欄はこれからアップ予定。

ホロスコープチャート

ジョーティシュのホロスコープチャートは3種類ある。

北インド式チャート

北インド式はハウスの順番が左の様に固定されている。
出生時間の上昇星座は第1室に印が付けられる。

南インド式チャート

固定された星座を持つ。ラグナは適切な星座に印を付けられる。他のハウスは時計回りに書いていく。

東インド式チャート

このチャートはベンガル州とオリッサ州で用いられ、星座の書く場所は固定されていて、アセンダントは適切な印を付けられる。他のハウスは反時計回りに並べられる。

このHPの内容はプロの占い師じゃない者が作ってるので間違いがあるかもしれないからもしあったらこちらに書いて頂けたら幸いです。その他何でもどうぞ。不具合も見つけたら教えて下さい。

powered by crayon(クレヨン)