K.Sチャラク著・本田信明訳・太玄社刊『インド占星術の基本体系1巻』を読んだら難しい単語が沢山出てきたのでそれの意味を調べて書いてきます。他のインド神話関係の言葉も書くつもりです。作ったばかりなのと私の勉強用なので情報量が非常に貧弱です。Fate Grand Orderのネタバレも少し含むのでそれが嫌なら避けて下さい。非公式です。不定期ですが更新していきます。

地球-太陽周期

季節年。もし春分あたりから地球を巡る太陽の回転を考えると トロピカル(この場合熱帯という意味じゃないと思う)年 になる。

チトラ

乙女座と天秤座の ナクシャトラ の1つ。

支配星 火星
支配神 トヴァシュトリ神
パダ 2
範囲 5°23'20"~6°06'40"
属する ラーシ カーニャ トゥーラ

チトラシュクラプラティパダ

ヒンドゥー教の新年。

チトラパクシャアヤナムシャ

サヤナ ニラヤナ がピッタリ合うA.D285年を基礎にして計算された アヤナムシャ

チャンドラ神

月の神。 ムリガシラー の支配神。月天。 ヴァス神群 の1柱。神酒のソーマが由来とされるソーマ神とも同一視される。

チャルクハンダス

上昇計算の道具の一部。

チャンダ

ヴェーディックスクタの適切で抒情的な発声。これとどう関係するのかは知らないけどアスラ族の個人名でもある。

昼夜平分時の歳差運動

毎年春分点は 獣帯 に沿って50.26秒ずつ短くなる。この獣帯に沿った春分点の継続的な後退の事。これの為に春の昼夜平分時(移動星座の0°)と固定星座の牡羊座の0°との間の距離は増加する。特定の時期のこの距離は アヤナムシャ ともいう。

このHPの内容はプロの占い師じゃない者が作ってるので間違いがあるかもしれないからもしあったらこちらに書いて頂けたら幸いです。その他何でもどうぞ。不具合も見つけたら教えて下さい。

powered by crayon(クレヨン)